女性でも利用しやすくなっているプロミス

プロミスのサービスには、女性が利用しやすいサービスがいろいろあります。例えば、女性専用のダイヤルがあり、受付は女性オペレーターになりますので女性が利用しやすい環境の整ったキャッシング会社といえるでしょう。このプロミスが女性に利用しやすいのは、主婦やパートも借入れができるからといった理由もあります。

さらに、初回は30日間無利息ということも初めて利用する人には、嬉しいサービスといえるでしょう。他にも、プロミスはインターネットを利用する会員サービスも充実していて、プロミスの各種会員サービスを利用することでポイントが貯まります。このポイントが貯まると、借入れ中の利息をポイントに応じて無利息適用期間を設けることができたり、提携銀行のATMを利用して返済する時の手数料を一定期間無料にできたりします。

ちなみに、プロミスは三井住友銀行系のキャッシング会社になりますので、三井住友銀行を利用すれば基本的にATMの利用手数料がかかりません。

このように様々なサービスのあるプロミスですが、実際に借りられるかどうかには、やはり審査は必要になります。プロミスで実際に借入できるかどうかは、事前に三つの項目を入力するだけで借入ができるかどうかの診断できるサービスがインターネットから利用できます。もちろん、電話相談もできますので、不安があればプロミスに直接確認してみるのもよいでしょう。

プロミスの返済が遅れる場合にはまずは連絡を

プロミスで返済遅延をしてしまった場合の対処法を考えてみましょう。まず、プロミスに正直に話します。こちらから連絡しなくても、督促の電話がかかってくることと思いますが、きちんと電話に出て現状を相談することです。

電話がかかってきたのを見て「出たくない、怖い」と思ってしまうかもしれませんが、ヤミ金でもない限り脅しまがいの電話がかかってくることはありません。それよりも金融会社は「借り主に何かあったのか」、「現在どういう状態なのか」を知りたいと考えていますので、きちんと電話に出て対応しないと何度もかかってくることになります。

もしうっかり忘れていたという状況なら、電話で返済できる日をそのまま話せば良いのです。そこで遅延した分の利息を含めた次回返済額を教えてもらい、その金額をきちんと返済します。

契約時にきちんと明記されていますが、遅延した場合は遅れた日数分の遅延金がかかります。最初に借りた年利より少し高くなることもありますので、遅滞した分損をしてしまうことになりますから、とにかく早めに返済することです。

ちなみにプロミスは遅延の金利は20パーセントとなっており、返済日の変更にも対応してくれることになっています。

簡単なインターネットでのプロミス申し込み

その手軽さから近年利用者が増えつつあるインターネットによるキャッシングですが、注意しておかなければならない点もいくつかあります。まず、個人情報の取り扱いを厳重にすることが挙げられるでしょう。

自宅のパソコンからキャッシングの申込みができるといっても、ワンクリックで済むというわけではありません。いくつかの重要なパーソナルデータを入力して送信する必要があります。その際、セキュリティーをおろそかにしていると、大事な自分の情報が流出してしまう危険性もあるのです。

そのキャッシングサイトがしっかりとセキュリティー対策をしているかどうかを確認するとともに、自身の防犯意識も同時に持ち合わせることが大切です。

次に、「悪質な広告に騙されない」ということも重要です。簡単で手軽にお金が借りられることで、インターネット上にはさまざまなキャッシングサイトが現れ始めました。そのサイトがちゃんとした審査をするのか、融資限度額が法廷範囲を超えていないかどうか、しっかりと個人情報を守ってくれるのかなどを調べてみると良いでしょう。

また、そもそも本当にキャッシングをしているかどうかも怪しいサイトというものもあります。いわゆる悪質な詐欺サイトが、目につく場所に広告を張り出していたりしますので、そこにも注意が必要です。